カナダの幼児向け英語雑誌Chirpがやっと届いた!

英語の雑誌、カナダの幼児向け雑誌Chirp

昨日の夕方、待ちに待ったカナダの幼児向け雑誌Chirpが届きました。注文したのが10月1日で届いたのが昨日ということは、2ヶ月も掛かったということです。あまりに届くのが遅いから出版社にメールしたり電話して状況を聞いてしまいました。

確認したところ、私は年間購読で注文したから1年間で10冊届くと思っていたけど、国際配送は送料が掛かるから半年分の5冊しか送れないという風に言われました。いや、それでも1冊あたり360円ほどで安いからいいんだけど、ちゃんとホームページにそうい重要なことは書いておいて欲しかったというか。。。購読期間もこちらがメールするまで教えてくれないし。なんだかアメリカにいた頃のストレスを思い出しました。旦那にそれを話したら、そんなことでイライラする方がおかしいと言われよけいにイライラした。

それでも、雑誌が届いたのは嬉しくて早速封筒の中を見てみました。
全部で34ページ。小さめの紙面には色々な情報が楽しい絵と一緒に埋め尽くされていました。今回は北極圏特集のようで、北極圏に住む人たちの生活や、生活で使う道具、食べ物、動物などの紹介がしてありました。それに関連する物語も載っていて大人の私の方がおもしろくて一生懸命読んでいた。

英語の雑誌、カナダの幼児向け雑誌Chirp英語の雑誌、カナダの幼児向け雑誌Chirp
イラストも雑誌の色使いもアメリカのものと比べると優しい感じで好感が持てる!これは使っている紙質のせいかな。うちの娘は本が好きなタイプでは無さそうだから、イラストなど可愛いものじゃないと興味を持ってくれない可能性もあるから、その辺はすごい重要なのだ。

カナダの雑誌だから、北極圏は身近な場所(雑誌にはカナダも一部含まれていると書いてあった)なのだろうけど、日本からすると遠くの全く知らない場所だ。2歳児の娘に教えても理解できないだろうな。と思いつつ、まだ買っていない地球儀を買って説明してみようかと思った。地球儀は遅かれ早かれ買おうと思っていたし!

全体的には2歳児には少し難しいなというのが印象。サンプルを見た時はもう少し簡単な内容が載っているように見えたんだけどな。対象年齢が3歳から6歳だから、本当はもう少し大きくなってからの方がいいんだろうけど、3歳ってでももう半年も経たないうちになってしまうんだよな。3歳児になるとそんなに色んなことが分かるようになってくるんだろうか。幼稚園の子ども達を見ていてもそんなに大きな差は感じないような子もいるけど。

英語の雑誌、カナダの幼児向け雑誌Chirp

あと気になったのは価格が年間購読じゃないと1冊あたり$5.99、日本円で500円ですよ。年間購読にするとカナダ国内であれば180円〜250円(キャンペーン時期は180円)になって相当お得なんだなぁ。日本の雑誌は定期購読したことないけど、こんなに価格違うんですね。今月から5回送られてくるChirp、毎回どんな特集なのかすごく楽しみです。

Leave a Comment