英語絵本を子供と一緒に10倍楽しもう!

子供が3歳になって、少しずつ英語絵本を集め始めました。

英語の絵本て、何を基準にして買ったら良いのだろうか。都心に住んでいれば実際に大型書店の洋書コーナーで手に取って絵本を見ることもできるのですが、うちのように地方に住んでいる場合、amazonの口コミ(日本のアマゾンよりamazon.comの方が口コミが参考になります)なんかで良さそうなものを選んだり、図書館で借りたものが良ければ、そのシリーズをamazonで検索して購入したりしています。

日本語でも英語の絵本でもどちらにも言えることなのですが、読んで内容を理解して終わり。と言う当たり前のことが何だかもったいないと思っていました。そんな時に海外の絵本を紹介するサイトで、絵本の紹介とそれに沿ったアクティビティが紹介されているのを見つけたことがきっかけで、「あぁ、そうか!絵本と関連するアクティビティをすればもっと楽しめるし、本への理解も深まるんだ!」と納得。調べて見ると、海外って本に関連するアクティビティってよくやってるんですね。

日本だと、自分の子供の頃の記憶が正しければ読書感想文を書かされたくらいだった気がするけど。しかもその感想文っていうのを書くのがめちゃくちゃ苦手で。。。だって子供って経験値低いから、本の中の登場人物の気持ちに共感できないじゃないですか。本を読んで、ヘェ〜そうなんだ。それで終了。特に何も特別な感情なし。だから感想文てすごく苦労した。

本を読んだ後に、色んな質問をしたり、同じようなアクティビティをしたりすればもっと楽しめるんだなぁ〜ということで、うちも始めようと思います。まだ3歳だとやれることも少ないけど、ここから色々とスタートしていこうと思います。幸運にも、まだ幼稚園にも行っていない娘との時間は山ほどあります。特に最近暑くて外に出たくないので時間を持て余していたところだし、ちょうど良いや。

それにしてもインターネットって面白い。色んな人のアイデアがいっぱいで、自分一人ではできないアイデアがたくさんあって、一冊の本から色んなアクティビティが生まれてくる。「はらぺこあおむし」だったら、実際にあおむしを工作してみたり、食べたものを並べて数を勉強してみたり、果物の名前やあおむしの体のパーツの名前まで。まさか一冊の本からこんなにも色んなアクティビティができるとは思いませんでした。

うちの娘はもともと本が大好きという訳ではなく、好きな本だけを繰り返し読むため、たくさんの本は読めません。凝り性なのか、子供ってこういうものなのかは分かりませんが、気に入った本は100回以上も読んでいた時期もありました。今までは言葉が話せなかったから、本を読んであげるだけになっていたけど、本を読んであげることによって広がるコミュニケーションっていうのは色々ありますね。

英語の絵本を子供と10倍楽しむイメージ
出典:http://www.eric-carle.com/home.html
英語の絵本を子供と10倍楽しむイメージ
出典:http://booksandgiggles.com/
英語の絵本を子供と10倍楽しむイメージ
出典:https://thesweetersideofmommyhood.wordpress.com/

ちなみに、Googleで『絵本名 activity』、『絵本名 printable』で検索すると無料のPDFがたくさん出てきます。興味のある方は検索してみてください。

Leave a Comment