夏休みに再開したリーディングの練習

英語のリーディングの練習本

幼稚園が夏休みに入り、家で自由に過ごす時間が増えた長女。幼稚園は夏期保育があり、お盆前後の1週間を除いては自由参加で幼稚園に参加できる。
でも、うちは娘が行かなくてもいいなら行きたくないと言ったため、行かないことにした。私としても、幼稚園に絶対に行って欲しいわけではないから、まぁ新学期が始まったらちゃんと行くんだよとという約束だけして自由にさせておいた。幼稚園ってみんなで過ごして、お友達を作って、お友達と仲良くする方法を知って、と良いことも多いけど、逆に歌だったり劇だったり、絵だったり、教えてもらうだけの受け身のことも多い。今の自由で面白い発想ができる時期にそればかりというのは勿体無い気もしていた。だから夏休みみたいな長期休暇のようなどっぷりと自由に過ごすことができる時間が重要に思えてくる。今日も明日も明後日もずっと自由。さて自由すぎて暇すぎる時間を何して過ごそうかなという感じ、大事じゃないかな。

というのと、長女は激しい性格のため、幼稚園に行くと帰ってきてからが大変なのもある。幼稚園で良い子にしている反動で、家でそれが爆発してすごい癇癪を起こしたりするのだ。そして送り迎えとお弁当づくりのことを考えると、行かなくて良いじゃんという気持ちも一層強くなる(笑)

夏休みだから娘と一緒に何かやろうと思っていたんだけど、意外と何もできなかったな。外は暑すぎるし、午前中は自分の仕事をしていたため子供達は母に見てもらってたし。幼稚園に通わせている時とあまり変わらない日常だ。いや、何かしたかもしれないけど、忘れてしまったってことは私の中では大したことではなかったのかも。

強いて言えば、心に少し余裕ができたため、リーディングを再開しようとした。でも何からやったら良いのかなというところで思考停止。フォニックスの音は大体覚えたから英語の簡単な絵本だったら読めるはずだけど、読ませようとすると拒絶反応を示す娘。ゲームだったらやるんだけど、ゲームって結局遊びなんだなと思った。このゲームみたいなデジタルなもので身につくのかなという不信感も出てきた。長女に関して言えば、ゲームとして面白がっているけど、そこで読もうという気にはなってないようだし。それが分かったのが、「ママ、ゲームしていい? 読まなくてもできるし!」という発言から。え!? 読んでないの? カンでやってただけなんだ?! ということに気づいた。アプリ内で新しい単語を購入しようと思ってたけど、完全に買う気が失せた。。。やはり紙のものを読ませた方が良いなと原点回帰した。

で、何読ませるの?って感じで色々と考えました。以前買ったCurious George Curious About Phonics 12-Book Setも、何だか面白くないようで読みたがらない。

英語のフォニックスの学習用絵本
Curious George Curious About Phonics 12-Book Set

何だったら読むのかな? 簡単で子供が面白いと思えるものって何だろうと考えていたけど、良い案が思いつかず、ふと部屋を見回してみると、自分が子供の頃に習っていた英語の本がズラリと並んでいるのに気づいた。

これだ!

英語のリーディングの練習本
ブリタニカ リードマスター

子供の頃、英語を少しだけ習っていたけど、あまり使ってないから勿体ないと思って取っておいた本。忘れかけてたわ・・・。ペラペラと中を見てみると、なかなか良い作りじゃないですか! すごく簡単なものから始まってるし、絵も各ページにあるし! 付属のカセットテープもちゃんと取ってあったから、こちらも使える。カセットテープはまぁどちらでも良いんだけど、せっかくあるから聞いてみようと思い、中古でポータブルカセットテーププレーヤーを入手。カセットを再生してみたら、何とも懐かしい音で、当時の記憶が蘇ってきました。英語自体は好きだったけど、この本をカセット聴きながらやるの嫌いだったわ〜笑 何が嫌いだったんだろう。 一緒に聞いていた長女も途中で飽きたみたいで遊び始めました。 多分長いんだろうな。作りはとても良いんだけど、子供の集中力の時間内に終わってないのからかも。結局、カセットは音の確認程度で使用し、本を読むことに集中しようと思った。

英語のリーディングの練習本
この本で習う読みは「ng」

英語のリーディングの練習本
すでに習った単語はアンダーライン、新しい読みは赤文字。

読ませ始めると、嫌がるかと思いきや意外と読む気があるようで、一冊通して読むことができました! はじめてできた! すごい頑張ったね〜!ってたくさん褒めてあげたら嬉しそうだった。本人も自信がついたのか嬉しそう。 1冊目を何回か復習しつつ2冊目を読ませてみたら、こちらもすごくスムーズに通して読めました。今までのレッスン、無駄になったと思ってたけど、そうじゃなかったな。この本も前の100レッスンもそうだけど、一つ新しいことを習うと、次のレッスンでも同じ単語が復習のように何度も出て来ることによって、自然と復習ができるところが良い。そして一冊につき、新しい読み方が1つか2つだけ。それに集中して読めるから、単語ごと覚えることもできる。次に進んでも前のことを復習しつつ新しいことも覚えて行くというやり方がやはり一番良いよね。とりあえずこの調子でこの本を終わらせよう。何とこの本30巻まであるから、最後まで読めるようになるかな。今回も根気勝負だけど、何とか楽しんで取り組める環境を作りたいと思う。

Leave a Comment