幼稚園に入っても英語拒否にはならなかった長女

長女が幼稚園に入園した時に一番心配していたのが、英語を話すことを嫌がるということだった。せっかく今まで英語を聞いたり話したりするという練習を続けてきたのに、周りのお友達が英語を話さないから自分も話さないということになるんじゃないかと思っていた。

確かに入園してから、お家で英語を話す時間はぐっと少なくなったけど、英語を話すのは嫌じゃないみたいで、家に帰ってきてからお友達と遊んでいない日は英語を話している。さらに、テレビを見るときは英語でずっと見ていたからか、日本語の吹き替え版と英語版とあると英語版の方でテレビを見たがる。

意外だと思ったけど嬉しかった。

私たちの想いだけで始めた英語育児。本人が嫌がっているんだったら辞めてもいいかなと思ってるけど、辞めるのもすごく勇気がいる。今まで数年間のあいだ、自分も頑張ってきたから。だからこそなるべく続けてほしいなと思っていた。

本人の負担にならないように、英語を続けていけたらいいなと思う。そして日本語も強化していきたい。やはり日本語あっての英語だとも思うし。この前、島に行った時に会った方は、大人になってから英語を覚えたと言っていたけど、私(夫と比べても)よりもずっと英語が上手かった。
日本語もエッジが効いてて面白かったし、こういう風に両言語をうまく使いこなせるのが理想だけど、どうなるかな。