比較級やサイズを英語で言えるようになってきた。【2歳7ヶ月】

この一ヶ月でどんな成長があったのだろうか。大きな変化と言えば、英語で比較級などを使うようになったということかもしれない。
「そちらの大きい方のクッキーをちょうだい。」とか、「あの木は高過ぎる。」など『bigger』を使ったり『too hight』と言ったり。その意味を知っているのか知らないのかは分からない。でもだいたい合っている。それ以外の会話で大きな変化はない気がするけど、色々とボキャブラリーは増えている。説明して理解すると、”Oh, I see.” とか “All right, mama.” “That’s a good idea.” などの返事が返ってくるようになった。日本語も大分上達してきている。あと1年ちょっとあればある程度はどちらも話せるようになるんじゃないかなと楽観的に考えているけど、不安なこともある。英語を覚えるということに時間を取られて他のことが遅れてしまうのではないかというのも不安の一つだ。うちの英語の目的は話せることが目的ではなく、英語を知ることによって視野を広げて欲しいということだから、英語を学ぶことだけを目的としてない。

そしてもう一つの不安の一つ、幼稚園に入ってから本格的に日本語を話す環境になってから戸惑わないか、いじめられたりしないかということだ。日本語だけ話す同じ月齢の子どもと比べたら娘は圧倒的に日本語が下手だと思うから、今通っているプレ幼稚園で先生に聞いてみた。先生は同じ3歳児でも月齢が違うと話せない子もいるからいじめなんてことはないとのこと。幼稚園では日本語しか話さないからすぐに慣れるでしょうと言われた。3歳児でいじめとかするほど頭が発達しているとは思えないから、あるとしたら個人的に好きとか嫌いとかなのかな。まぁ娘も私が子どもの頃ほど気は小さくないからそこまで心配しているわけではないけど、やはりそういう状況になったら嫌だなと思ったのでした。だって英語を教えようとしたのは私だし。私の周りのバイリンガルの友達も幼稚園に入るまではほとんど母国語で、それ以降に英語を使いだしたと言っていたから、そんな感じがいいのかなと思っている。

あと最近気がかりなのは、娘が本が好きではないことだ。もしかしたらテレビを見せ過ぎているのかなと思って、少しテレビの時間を減らそうと思った。なるべく本を読んだり、アクティビティの時間を作るように私の方もそれに合わせて動かないといけないな。
あと私の好みで本を選ばないというのも注意したい。娘が興味を持つものを繰り返し読んであげることが今は重要なようだ。うちは夜寝る前に絵本を読むことにしているけど、娘が興味がない本だと全く聞いていないこともある。思わずイライラして娘に対してそっけない態度を取ってしまったけど、そんなことしたら逆効果だということも分かっている。まだ言葉も未熟な2歳児だから、本が好きになるかどうかも言葉がもっと分かってくるこれからなのだ。

Leave a Comment