【3歳5ヶ月】3歳児の日本語の会話力を知って驚いた。

気づけば11月に入り、来年の幼稚園の入園の準備が始まりました。
娘は予定通り、プレに通っていた幼稚園に入園することになったので、制服やら身体測定などをしに幼稚園にちょくちょく出かけています。幼稚園には仲良くなったNちゃんやお友達がたくさん居るから好きみたいで、楽しみにしているから助かるなぁと。

3歳児と言ってもこの時期の半年の差は大きい。うちの娘は5月生まれだから同じ学年の子たちに比べると比較的しっかりしていると思っていた。気が利くというか面倒見がいいというか。私が裏口から入ってきて靴を置きっ放しにしたまま玄関に行くと、頼んでないのに私の靴を娘が持ってきてくれていたり、食事の準備を始めると、自分から気づいてみんなの食器を並べたりスプーンを用意してくれたりする。でもまだ日本語がおぼつかないため、おしゃべりが上手なNちゃんと一緒にいると、お姉さんと妹のように見える。まぁ、それは仕方ないなぁと思いつつ、子供同士の会話を聞いていて、3歳児ってこんなに会話できるんだなと感心しました。

例えば今日の会話。
うちの娘とNちゃんが帰ろうとしていたら、他の子が「遊ぼう!」と言って近づいてきた。
そしたらNちゃんが、「悪いけど私もう帰らないといけないから、また今度ね。」って。
え〜!!!話し方がもう一人前じゃない?! 同じくらいの月齢の子だとこれくらい話せるんだ。。。と。
今の娘は英語60%、日本語40%くらいかなぁ。それでもよくやってると思うからこれ以上求めたりしないけど、娘が日本語だけ話してたらどんな感じで、どんな事を話してるだろう?なんてふと考えた。

英語は相変わらずフォニックスを練習中。
嫌にならないように、少しずつ進めているため、やっとレッスン50までできたくらい。かなりペースダウンしているけど、来年の入園前までに読めるようになればいいかなという感じで進めている。私もやる気がある時にしかできないから2、3日に1レッスンくらいというのんびりペース。

そして最近ハマっている英語絵本。これ「We Are in a Book!」、アメリカでも流行ってるみたいで、パパがアメリカの友達に勧められて買ってきた絵本。あまりに面白かったから同じシリーズの絵本を買ってしまった。

内容はめちゃくちゃ簡単なんだけど、ちょうどリーディングができるようになってきた娘にはちょうどいい内容。あまりに好きすぎて本を全て暗記したらしく、自分流に読み聞かせをしてくれた。ストーリーが漫画のコマのように展開していくテンポの良さもあり、本が好きではない子でも、この本だったら読めると思う。

こんなにハマってるなら、他のシリーズも買ってみようと思って買った本が以下の二つ。
「Waiting Is Not Easy!」は待つことが苦手な娘と私にピッタリな内容でした。娘と私の口癖「待てない!今すぐやって。」。だから主人公のジェラルドの気持ちがよーく分かるねって(笑)

そして何かを分けるということがまだ難しい独占欲の塊のような娘にと思って買った「Should I Share My Ice Cream?」もめちゃくちゃ面白かった!私はこの中ではこのアイスクリームの話が一番好き。とにかく面白い。キャラクターの表情の豊かな表現力とコミカルな展開がツボで、読み聞かせしている筈が自分が爆笑してしまい、二人でゲラゲラ笑ってしまいました。あまりにも面白かったからばあばにも読んであげた。楽しいこともシェアしないとね!シェアすることは相手をハッピーにするんだよ。っていうことが分かってくれたかな。

最近は寝る前の読書の習慣が定着してきたし、本を読むことが好きになってきたのかな。時間のある時には本を読んでと持ってくることが多くなった。本が嫌いなわけじゃなく、同じ本を何度も繰り返し読むのが好きな子なのかなと思い始めた。

少し前に定期購読していたカナダの雑誌「Chirp」を久々に読んでみたら娘も一生懸命読み始めた。やはり2歳と3歳では全然違うなと思った。2歳の時は、これ嫌いという感じで読めなかったけど、今なら楽しめる。少しお休みしたけど、もう一度定期購読しよう。

 

Leave a Comment