パパのアメリカ出張とロスでの結婚式

実は次女が産まれる前からパパのアメリカ時代の友人の結婚式があるということは知っていました。この友人、パパがロス時代にお世話になった師匠のような方で、私たちの結婚式にもわざわざ来てくださいました。師匠のようなと言っても、年齢的には私たちとそんなに変わりません。

出産前は長女だけだったから、みんなで行こうという話をしていたけど、次女が産まれて、長女が3歳になり物心がつきはじめて、今まで大丈夫だった事を怖がったり、すごい自分の意見を押し通そうとして奇声をあげたりする事が多くなって、少しの外出でも相当な精神力がいるようになった。友達にも、「長女ちゃん、いつもハードモードだね〜。」と言われるほどになってしまい、やはりこの時期に遠出は無理だと思ってアメリカ行きは諦めた。

本当は行きたかった。けど、こんな大変な3歳児を連れて行っても何も覚えてないだろうし、飛行機代もホテル代も掛かるし、眠い時は私しかダメな娘(15kg)を私が抱っこしなくてはいけないだろうし。。。ちなみに娘は昔から抱っこ派でベビーカーにも乗りませんでした。その上、抱っこもママしかダメ。パパだと誘拐されたのと間違われるくらい泣き叫ぶ。それは今も機嫌の悪い時は続いている。そんな訳で諦めました。もう少し子供が大きくなったらの方が色んな意味で良いなと思ったので。

そう決めたのは私なのに、何だかパパに対して腹立たしいのはなぜでしょう(笑)。こちらは自由になる時間は子供が寝た後だけなのに、結局男の人って自由になる時間がある事が羨ましいのかも。仕事の飲み会ですら羨ましい。仕事の話でも良いから、少し話の通じる相手と大人だけで飲みたいよ〜。とたまに思うのです。子供=コントロール不可能に近い、仕事=自分である程度コントロールできることという方程式が頭にあるからですかね。

まぁパパも半分仕事もあるから、子供いたら邪魔かなとも思ってみたり。仕事はロスではなくポートランドなので、移動もあるから大変なのです。ポートランドも行ってみたいけどね。そこでパパにはお土産だけ頼む事にしました。何が良いか考えた結果、洋書の絵本を頼みました。amazon.comで調べて、アメリカの方が安いものだけお願いした。調べてみて分かったことだけど、洋書って日本のアマゾンで買っても現地と変わらないくらいの値段なんだなと。そんなに値段が変わらないから驚きました。新品である必要は無いから中古も見てみたけど、中古だと送料が高いんですよね。。。どんな本が良いか悩んだ末、娘が絶対に好きそうな内容の本をamazon.comで頼んでおきました。パパも現地の本屋さんへ行ったようで、何かお土産に本を買った模様。パパのセレクトはどんなものかな。こちらも楽しみです。

Leave a Comment