アイルランドからのとってもビッグなお客様!

IMG_6341

今年もまたパパのお友達が家に遊びに来てくれました!
毎年誰か遊びに来てくれますね〜。どんなけ友達いるんだってくらい友達の多い夫。
大して仲良くなくても、自分が面白いと思った人にはとにかく積極的に連絡を取ったりして
最終的には仲良くなってしまいます。
そして家に招待するというのが流れなのか、今回もとっても面白い人が家に遊びに来てくれました!
夫のそのアグレッシブさとマメさを少しは見習いたいところです。

今回のゲストは、夫の個人的にしている活動の延長で知り合ったJさんです。
夫は最近まで単身赴任で東京にいたのですが、その東京にいる間に仲良くなったらしく、
家にまで遊びに来てくださいました。
当初心配していた長女の人見知りも、あらかじめ写真を見せておいたせいか全く大丈夫でした。
むしろJさんカッコいい!とか言って、まるで恋人のようにべったりくっついて離れません。。。
夕食の準備をしている時も、ずっと遊んでもらっていたようです。

IMG_6341

4歳になった今、自分が英語を話せることを意識しだしたからいい機会だったんじゃないかな。
私としては、娘が自分の言葉(英語)でコミュニケーションが取れたのが一番良かった。
もっと娘が大きかったら、もっと面白い話を聞けたと思うと、その点は少し残念だったな。

何を隠そう、このJさん、アメリカのフォーブス誌で、世界で注目する若者30人に選ばれているとのこと。
え〜!そんなすごい人なの!!!ってミーハーな私。
色々と聞きたいことが盛りだくさんの割に、本人を目の前にすると緊張してしまって上手く英語が話せません。。。
その訳は肩書きだけではなく、そのルックスも関係してます(笑)

すごい美形!!! しかも性格もめちゃくちゃ良さそうで曲がってない感じが素敵!
その点、そういうのが関係ない夫は、水を得た魚のように英語を話していました。
日本語よりも英語の方が上手いんじゃないかって言われてるみたいだけど、本当にそうかもと思った。
こういうリアルに英語を使わないといけない状況になると自分の英語力のなさを思い知らされて辛い。
それでも一生懸命コミュニケーションとりましたよ。
でも、もっともっと色んな話が聞けたら良かったなと思う。

そして、嬉しかったのがJさんからの長女の英語が上手いと褒めてもらったこと。
Jさんが娘の英語と日本語の切り替えがスムーズだし、発音なんか自分より上手い(お世辞なのはわかってます)と。
「それはないでしょ。」と言ったら、Jさんはアイルランド人だからアイルランド訛りがあるらしく、
アメリカに居た時に、アメリカ人のルームメイトが50%くらいしかJさんの英語を理解していなかったと聞いた時から、
訛りを意識して直しはじめたようです。

私には音感がないからなのか、あまり訛りとか分からないけど。。。
アメリカに住んで居た時に、アメリカ人の友達が私のステイしている地域を歩いていると、
この辺の人が話す英語って外国語みたい。と言っていたのを思い出す。
私にはその違いが分からなかったし、今でも分からない気がする。

話は外れたけど、こういう機会ってたまにあると英語を使うというモチベーションになっていいなと思った。
そして、海外の人の考え方や、生活習慣、経験談などから、色々な世界を知ってほしい。
もちろん、自分が日本人として日本の考え方、習慣などを知った上で。

まるで恋人のようにJさんにベッタリくっついていた長女。
まるで恋人のようにJさんにベッタリくっついていた長女。

今回のゲストもビッグなゲストで、色んな刺激を受けました。私の中の価値観の何かが揺らぐほどに。
英語で直接そういった素晴らしい人たちから話を聞けるというのは、本当に貴重な体験だと思う。

それにしても夫の友達って凄い&面白い人多いな。正直な話、本人ももっと頑張って欲しいわ。。。