phonicsの教え方を模索中。そして娘の初恋。

幼稚園に入る前にPhonicsを覚えてリーディングができるようになるといいなと思い、教えようとしたけど自分がphonicsを学んだことがないため手探り状態が続いています。アルファベットを覚える前の2歳半頃だったら歌が好きだったから歌で覚えさせても良かったけど、今はもう歌番組ブームは過ぎたようで見たがらない。
Youtubeでphonicsのアニメもあるが、長い。。。見終わる頃にはアニメに気を取られて肝心のphonicsを覚えてない。エピソードが多すぎるのも途中で飽きてしまうと思う。何かもっとシンプルな方法はないんだろうか。

アルファベットを覚える前はphonicsを教えてなかったのに、歌で覚えていたみたいで色々知っていたのに半年でスッキリ忘れてしまったようです。何度聞いても「分からない」の連続でイライラしてきてしまった。子供の記憶って短期記憶しかないようで、忘れるのが当たり前なのに。。。私がイライラしているのを感じたらしく、今度はもうやりたくないと言い出した。当たり前だよね。ごめんね。

そこで、もっとシンプルに学べる方法はないかと調べたところ、フラッシュカードが良いというのを発見。まずはカードではなくてフラッシュカードのような動画を娘と一緒に見て発音を練習することに。普段は携帯でYouTubeを見せることはしないんだけど、寝る前に少しだけやりたいため携帯で発音の動画を見せたら楽しめたようで、もっとやると言い出した。しめしめ(笑)。隣に寝かせていた次女0歳は、私たちが発音しているのを聞いて、音が面白いのか声を出して笑っていた。

あれだけアニメ見せたり本を見せたりしても混乱していた娘が、フラッシュカード風動画を見せたらあっという間にphonicsを覚え始めた。本を読むときに、これ何だった?というとAはア、Eはエとあっさり答えた。素晴らしい!このシンプルさを求めていたんですよ! まだまだ先は長いけど、こういう風にシンプルで誰でもできそうなことを見つけていけたらと思う。

話は変わるが、娘が恋をしたらしい。まだ3歳なのに、好きな子ができたというから驚いた。娘の知っている男の子の名前を何人かあげたが、その子たちは「悪くないけど、マコ君が一番好きなの。」とのことです。前回遊んで意地悪していたのは好きだったからだったのか(笑) 生まれた時は何も分からなかったのに、3年も経つと恋までしてしまうとは!
本当はプールに行くはずだった予定をマコ君と遊ばせるため予定変更。マコ君を見つけるなり、前回とはうって変わって手を繋いでニコニコ。なかなか積極的だな。マコ君は娘のことを好きとかそういう感情はないと思うけど、キスしたりハグしたりしたがってた。良かったね〜。好きな子と一緒に遊んで仲良くできて。

Leave a Comment